本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
西澤保彦『依存』(幻冬舎ノベルス)
タックたちは大学 3 回生。『仔羊たちの聖夜』ではタカチの抱える問題がどういった種類のものであるかが間接的に提示されつつタカチとタックの関係が微妙に変化していく過程が描かれ、『スコッチ・ゲーム』でタカチがタックの助けを借りて過去を克服し、そしてこの作品においては、タックが自分を救ってくれたように、自分がタックを救うのだと決意したタカチが、タックを過去から解放しようとする。

3 作続けて読むと、流れがはっきりしますね。というか、少なくとも『仔羊』と『スコッチ』を読んだ人でないと、この『依存』は受け止めにくいと思う。あのぽわんと浮世離れした「仙人」タックに、これまでこのシリーズで語られてきたうちでも、最も重いかもしれない過去があったことが判明します。

この作品単体の特徴としては、まず語り手がウサコ。今まで単なるお気楽で明るい女の子という位置付けだったウサコも、実は語り手になってみると、色々な感情を抱えていたり、とても内省的であったりする。そして、レギュラーメンバーを含めた大学の友人グループが遭遇する、一見、現在の問題には直接関係していないと思われる問題がタックの過去の物語と交互に語られ、さらに各メンバーの思い出のなかのちょっとした(今となっては証拠の取りようがない)謎を皆で考えるという、このシリーズお約束の「妄想推理」的なエピソードが点々と散りばめられている……という複雑な構成。これらはすべて、表面的には関係していないが、作品全体の中核にあるテーマのまわりを、ぐるぐると回っているのだ。

今回はボアン先輩が、めちゃくちゃかっこいいですね。いや、これまでもさりげなく物事が分かっていて頼りがいがあって、なのに深刻ぶったりしなくて、という面は描写されていたのだけれど、ここにきて本領発揮ってかんじ。やっぱりボアン先輩、好きだなあ。

語り口は、率直な感想を言うと、ちょっと不自然。特に、タックの過去が明らかになる部分が、ひたすらにタックの口からタカチに対して提示される体裁になっているのだが、立て板に水ってかんじでどんどん話が進むし、通常なら地の文で説明されるべきことでもタックのセリフによる分析に頼らざるを得ないので、かなり読んでてつらい。

はたまた、前述のように語り手のウサコが非常に内省的なのだが、それ以外のキャラクター(今回は今までのレギュラーメンバーに加えて、女の子が 3 人登場する)にしても、皆がみな、いきなり「そんな、匿名ウェブ日記じゃあるまいし」というような自己や他者に対する赤裸々な「心理分析」を延々と披露するのだ。それらはすべて、本書のテーマに密接に関わってくる話ではあるんだけど……みんな、一様に、喋っているうちに人間のダークな側面に自覚的になって語りに入ってしまうのだなあ。だから、すごく息苦しいし、またあまりにスムースな分析なので、セリフとしても、その会話が行われているシチュエーションとしても、現実感がない。

ただそれでも、分析されてみれば、読む側としては、ぎくりと思い当たる話であったり、目の前の視界が開けるような話であったりするので、こんなダークでネガティブな話に頷いている自分はちょっと危ないのではないか、と思えてきたりする反面、ものすごい勢いで引き込まれてしまったり。

というわけで、かなり技巧をこらした作品でありながら、メッセージの重さに引きずられて全体としてのバランスを崩していると思えるような部分もあり、なおかつ「吸引力」は異様にあるという、奇妙な小説だった。それは、これまでこのシリーズを読んできて、主要キャラたちに愛着がある読者にとって、だけかもしれないけれど。

このシリーズは、この後にまだ書かれていない「大学卒業編」が予定されているそうなのだけれど、タックやタカチ、ウサコやボアン先輩が、どのように「巣立って」いき、その後の(短編集などでは断片的に垣間見える)「社会人編」に移行していくのか。ぜひ見届けたいと思います。

依存 (幻冬舎文庫)
依存 (幻冬舎文庫)
〔文庫2003年/ノベルス2001年/親本2000年〕
な行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921879
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。