本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
C.S. Lewis "The Horse and His Boy" (Collier Books)
以前、C・S・ルイスの「ナルニア」シリーズを原書で再読してたときに、これだけ読みそびれていたことに気付いたので。

子供の頃の漠然とした記憶よりずいぶんと短い旅だったことに驚いた。初めてライオンに出くわすのは物語後半に入ってからだと思い込んでいたら、けっこう序盤のほうだったり。これ、タイトルが好きなんだよねえ。"The Horse and His Boy" だもん。馬主体。

The Horse and His Boy (The Chronicles of Narnia)
The Horse and His Boy (The Chronicles of Narnia)
〔1954年〕

邦訳:C・S・ルイス『馬と少年』(瀬田貞二・訳/岩波書店ソフトカバー新装版2000年/親本1966年)

馬と少年 (岩波少年文庫―ナルニア国ものがたり)
馬と少年 (岩波少年文庫―ナルニア国ものがたり)
A〜M(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921858
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。