本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
小野不由美「悪霊」シリーズ(講談社X文庫)
稀少な初期シリーズやコミックス版まで貸してくださる奇特な方がいらっしゃったので一気読み。

現在入手可能なのは、ホワイトハートに移って新シリーズとして再スタートした『悪夢の棲む家〜ゴースト・ハント〜(上)(下)』だけかな? これのあとがきでは、ティーンズハートで展開していた旧シリーズにおいて、書き手に対する制約がどれほど多かったか、という話が炸裂しており、よほどストレスだったのだなあ、というかんじ。

でも若い頃から、お話の組み立て方は上手かったのね。これだけシリーズ化するほど、10 代の女の子の心をつかめたわけだし。大人が読んでも、伏線などきれいに張ってあって、かるーく楽しめた。コミックス版(いなだ詩穂『ゴーストハント』講談社コミックスなかよし)も、それぞれのキャラクターがとても素敵に描かれていて、いいかんじです。ところで、ティーンズハートのほうは、タイトル似すぎてて、読み終わったあとでもどれがどれだか、とっさにはさっぱり分からんので、簡単にメモしておこう。

悪霊がいっぱい!? (講談社X文庫―ティーンズハート)
悪霊がいっぱい!? (講談社X文庫―ティーンズハート)
〔1989年〕
シリーズ第 1 作。ヒロイン麻衣が通う高校で、取り壊しが予定されている旧校舎に異変が起こり、渋谷サイキック・リサーチ(SPR)とやらに所属する心霊研究員がやってくる。麻衣はアクシデントにより、SPR の所長「ナル」のアシスタントを勤めることに。

悪霊がホントにいっぱい! (講談社X文庫―ティーンズハート)
悪霊がホントにいっぱい! (講談社X文庫―ティーンズハート)
〔1989年〕
SPR のアルバイト要員として正式に採用された麻衣。今度の出張先は、ポルターガイスト現象が起こる古い洋館。アンティーク・ドールが焦点となり、幼い子供の命が狙われる。

悪霊がいっぱいで眠れない (講談社X文庫―ティーンズハート)
悪霊がいっぱいで眠れない (講談社X文庫―ティーンズハート)
〔1990年〕
ある高校で相次ぐ怪現象。背景には ESP 騒動が。

悪霊はひとりぼっち (講談社X文庫―ティーンズハート)
悪霊はひとりぼっち (講談社X文庫―ティーンズハート)
〔1990年〕
後にレギュラー・メンバーとなる安原くん初登場の巻。コックリさん(?)の話。

悪霊になりたくない! (講談社X文庫―ティーンズハート)
悪霊になりたくない! (講談社X文庫―ティーンズハート)
〔1991年〕
ナルの師匠、森まどかさん初登場の巻。増改築を繰り返した洋館で起こる怪奇現象。政界の大物が秘密裏に集めた霊能者たちのなかに、麻衣たち SPR の面々も加わることに。

悪霊とよばないで (講談社X文庫―ティーンズハート)
悪霊とよばないで (講談社X文庫―ティーンズハート)
〔1991年〕
臨海の断崖にたつ日本家屋。ナルが憑依され意識を封じられたため、残りのメンバーで対処することを余儀なくされる。

悪霊だってヘイキ!〈上〉 (講談社X文庫―ティーンズハート) 悪霊だってヘイキ!〈下〉 (講談社X文庫―ティーンズハート)
悪霊だってヘイキ!〈上〉 (講談社X文庫―ティーンズハート)
悪霊だってヘイキ!〈下〉 (講談社X文庫―ティーンズハート)
第 1 部最終話。霊によって廃校に閉じ込められたメンバー。SPR、ナルの正体、そして第 1 話からの謎の答が明かされる。

悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント 講談社X文庫―ホワイトハート 悪夢の棲む家 (下) ゴースト・ハント 講談社X文庫―ホワイトハート
悪夢の棲む家 (上) ゴースト・ハント 講談社X文庫―ホワイトハート
悪夢の棲む家 (下) ゴースト・ハント 講談社X文庫―ホワイトハート
〔1994年〕
ティーンズハートからホワイトハートに移って、語り口も一人称から三人称に変更したシリーズ第 2 部 1 作目。母娘が格安で手に入れた念願の一軒家には、どうもおかしなところが……。旧シリーズを知らない人への紹介も兼ねているらしく、オールキャラ登場でにぎやか。
あ行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921848
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。