本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
鴨下信一『面白すぎる日記たち―逆説的日本語読本』(文春新書)
著名人、一般人双方の「日記」を題材に、さまざまな分析を行い、読み解いていくという趣向。

非常に興味深く読めた部分もあったけど、同時に「そ、そんな下世話な部分にわざわざ着眼してやらんでも……」と退いてしまう記述もけっこうあったりして、読後感はあまりよくなかった。

面白すぎる日記たち―逆説的日本語読本 (文春新書)
面白すぎる日記たち―逆説的日本語読本
〔1999年〕
か行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921846
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。