本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
はやみねかおる『怪盗クイーンはサーカスがお好き』(講談社青い鳥文庫)
今回の主人公は「怪盗クイーン」。以前出た松原秀行との競作『いつも心に好奇心(ミステリー)』(講談社青い鳥文庫)で、名探偵夢水清志郎の新しいライバルとして初お目見えだったお方です(ただし探偵シリーズの大江戸編には「怪盗九印」というキャラクタが登場)。探偵は出てきませんが、暴走雑誌記者の伊藤真里さんはこっちでも飛ばしてます。

今回のターゲットは「リンデンの薔薇」なる宝石。ところが謎のサーカス一座に獲物をかっさらわれて、思いがけなく勝負をすることに。

ああ、もう「怪盗」とか「サーカス」へのロマンが詰まってますよ! 作者はきっと、こういうのがものすごく好きなんだなあ、というのがひしひしと分かる。

ところで、『いつも心に好奇心(ミステリー)』で盗まれたコンピュータ・システム「RD」が今回から怪盗の飛行船「トルバドゥール」に組み込まれているんですが……「RDって、ラ、ラジェンドラ!?」と思ったのは私だけでしょうか。
(註:ラジェンドラとは神林長平の「敵は海賊」シリーズに登場する宇宙船に搭載された辛口な人工知能)

怪盗クイーンはサーカスがお好き (講談社青い鳥文庫)
怪盗クイーンはサーカスがお好き (講談社青い鳥文庫)
〔2002年〕
は行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921842
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。