本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
J. K. ローリング『ハリー・ポッターと賢者の石』/『ハリー・ポッターと秘密の部屋』/『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(静山社)
随分前から世界中でベストセラーになってる児童書ファンタジーのシリーズを、今頃。現時点で翻訳出ている 3 冊をまとめての感想ですが悪しからず。一気読みしたもので。

ええ、読みましたとも。最初は、映画のスチル画像や予告編映像に惹かれて。とにかく映画観る前に予備知識仕入れるつもりで。うん、すみません私が悪かったよ。以前、手に取りもせずに「ワタシ的直球ど真ん中ファンタジーとは少々ズレていそう」なんてことを言ったことがあるのですが、大変アサハカな発言だったよ。

なんとなれば。すっげー面白かったんだよっ。恥ずかしながらっ。正確に言うと、1 冊目は「ふーん、子供の頃読んだら、きっともっと楽しめたなあ」ってかんじだったのが、2 冊目で突然ツボ直撃だったんですよ。で、3 冊目のあともう一度 1 冊目を読み返して、ふむふむ……と考え込んで。

ぶっちゃけて言うと、2 冊目が作品として、1 冊目よりさらにパワーアップして面白かったというわけでは、実はないんですよ。ただどうやら私は、「フレームワーク」を強く意識させる物語に、ものすごく弱いらしい。というか、私の「ファンタジー感知センサー」は、物語世界の「フレーム」に対して何故か反応するらしいのだ。初めて自覚したけれど(どうりで……時たま世間的にはミステリとされてる作品に私だけファンタジー・センサーを発動させちゃう理由がやっと分かったよ! でもこれはまた別の話)。

1 冊ごとに、魔法学校における 1 年間が描かれる。同じ校内で、同じ年中行事がこなされていく中、前の年から少しだけ成長した登場人物たちと、彼らが遭遇する新しい事件。その、同じ場所をぐるぐると回りながら少しずつ上に上がっていく、螺旋階段形式のストーリーの枠組みが一方にあって。

そしてもう一方にあるのは、主人公ハリー自身は知らない一世代前の確執が、ハリーの時代において再度顕在化するという枠組み。これもまた、各巻で繰り返されながらも元の開始点とは絶対に重なりようがない、螺旋状のループ。最初の螺旋とは別方向に延び、かつ互いに噛み合っている。その 2 本の螺旋に、ハリーと彼に対峙する「例のあの人」とを結ぶ両者の、そのうちもっとはっきりしてきそうな予感がする「表裏一体性」が、直線となって串のように通っている――というような図式が浮かんで。なんか、こういう「構造性」から来るドラマに、マジで異常に弱いようなのです、私は。

しかもこれ、カバー折り返しによると、1 冊 1 年で全 7 巻と最初から決まっているそうじゃありませんか。ってことは、第 1 巻がハリー 11 歳だから、最終巻ではハリー 18 歳っすか。うっ……ものすごくドラマティックに盛り上がれそうな年頃では! うわーん、うわーん。やはし洋書で新刊出た端から買うべきっすかーっ!?

でもって、このシリーズのキモはですね、そんな「親の因果が子に報い〜」みたいなドロドロした背景部分と、それを覆い隠すように前面に配置されているキラキラしたトッピング部分との、バランス感覚だと思うのですよ。様々なアイディアあふれる魔法の小道具、わくわくするイベント、そして皮肉っぽかったり面白おかしかったりするエピソード群。各巻冒頭の、いじわるなマグル(非魔法使い)家族にいびられるお決まりパターンのとこ、なんとなくロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』冒頭の貧困生活描写を思い出したり。いや本当に、小学生のときにこのシリーズに出会っていたら、めちゃめちゃ嵌まってたと思うよ私。最近そんなことばっかり言ってるような気がしないでもないが。

ただ、こういう部分に惹かれてしまうと……全 7 巻揃ったときの「フレーム」が思ったほど美しくなかったり、跡形もなかったりした場合、個人的な落胆が大きそうで怖いなあ。現時点での作者の意図は、予測のしようがないので、私が期待するのとは全然別方向に進むのかもしれないし。とにかく、今のところは、すごく好きなのだけれど。

ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)
ハリー・ポッターと賢者の石 (携帯版)
〔松岡佑子・訳/携帯版2003年/単行本1999年〕(原書 J.K. Rowling "Harry Potter and the Philosopher's Stone" 1997)

ハリー・ポッターと秘密の部屋 携帯版
ハリー・ポッターと秘密の部屋 (携帯版)
〔松岡佑子・訳/携帯版2004年/単行本2000年〕("Harry Potter and the Chamber of Secrets" 1998)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 携帯版
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (携帯版)
〔松岡佑子・訳/携帯版2004年/単行本2001年〕
("Harry Potter andt the Prisoner of Azkaban" 1999)
N〜Z(作者名) | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
結局、1年に1冊のペースでは出ませんでしたね。最終巻が発表されたのが、2007年7月でした。
| 2009年のならの | 2009/01/12 10:31 AM |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921813
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。