本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
ロバート・シルヴァバーグ編『ファンタジイの殿堂 伝説は永遠に・3』(ハヤカワ文庫FT)
4つのお話が入っており、1作終わるごとに別の本に浮気してしまって、なかなか全部目を通せなかった。ちなみに、このアンソロジー・シリーズの1冊目と2冊目は読んでません。

収録されているのはすべて、別々のファンタジー小説の番外編で、知ってるシリーズ2つと、知らないシリーズ2つ。知ってるほうが、ロバート・ジョーダンの「時の車輪」(第2部の途中まで読んだ)とル=グインの「ゲド戦記」(一応全部読んだけど何故か第4巻が記憶に残ってない)、知らないほうがタッド・ウィリアムズ「オステン・アード・サーガ」とテリー・プラチェット「ディスクワールド」。

知らないシリーズの番外編というのは、ちょっとツラいものがあるかなあ、と思ったのだけれど、むしろ初耳の作者による2作のほうが、読みやすく感じました。それはそれでちょっと哀しくないこともない。ただ、だからと言って、面白かった2作の本編を探して読みたいとまでは(今のところ)思わないんだよなあ。あと、面白かったうちの1個(テリー・プラチェット「海は小魚でいっぱい」)は、キャラクターの楽しさで読んだかんじ。ファンタジーじゃなくてもいいなあ。意地悪ばあさんというのはツボなんです。

そもそもこれを買ってきたときのお目当ては、アーシュラ・K・ル=グインの「ゲド戦記」番外編、「ドラゴンフライ」だったんですが、私はどうも、古代・中世っぽい世界が舞台のファンタジーのなかで、現代のこっち側の世界っぽい思想(ジェンダーの問題とか)が前面に出てきて物語中で論議されちゃうのが、ちょっと苦手みたいだ。

えーと、物語の水面下にあるのは、いいんですよ。ただ、登場人物のセリフで言われちゃうのは、かなり苦手かも。逆に言えば、中世以前っぽい世界が舞台である限りは、登場人物のセリフが多少差別主義っぽくてもそれが自然な流れならオッケー。たとえばトールキンの女の人の扱いなんかは、いまどきの感覚からするとかなり古いよね。C・S・ルイスの「ナルニア」も、人種差別撤廃に取り組んでいる人が読めばかなり問題アリかも。やっぱり「政治的に正しくないから許せん」と思う人はいるだろうなあ。でも私は、それはそれとして許せちゃうんですよ。真面目にあれこれ考えてる人には怒られるかもしれないけど。

原書:Edited by Robert Silverberg "Legends: Short Novels by the Masters of Modern Fantasy" (1998)

伝説は永遠に―ファンタジイの殿堂〈3〉 (ハヤカワ文庫FT)
伝説は永遠に―ファンタジイの殿堂〈3〉
〔斉藤伯好、小尾芙佐、金子司、矢口悟・訳/2000年〕
その他(アンソロジー等) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921759
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。