本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
佐藤亜紀『でも私は幽霊が怖い』(四谷ラウンド)
著者がこれまであちこちの雑誌や新聞に掲載したエッセイを、旅先・留学先でのエピソードが中心の「ブラチラスラバ・エクスプレス」、食についての「豪華無類の晩餐マイナス 1」、時事ネタその他の「平成カラオケ倶楽部」、と3つのパートに分類して収録。

なんていうか「我が道を行く潔さ」が満載なのは、先月読んだ書評集と同じ。

特に第1部が面白かった。頭のいい人は、凡人には見えないものがたくさん見えて、ええのう。あ、著作リストに載っている『ガイジン術』というのは、タイトルからして、もしかしたらこの手の海外ネタで固めてあるんだろうか。ゲットしておかねば。

でも私は幽霊が怖い
でも私は幽霊が怖い
〔1999年〕
さ行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921731
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。