本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
浅暮三文『カニスの血を嗣ぐ』(講談社ノベルス)
異様なほど「匂い」に敏感になってしまった主人公が、その能力を駆使して、一人の女の死にまつわる謎を追いかける。

この著者のデビュー作『ダブ(エ)ストン街道』とはあまりにも雰囲気が違うので、ちと戸惑った。主人公が匂いで自分を取り巻く世界を認識している描写が、なかなか濃厚で、ちょっとくらくら来ました。なんだかミステリというより幻想文学っぽいかんじもあり。濃厚すぎて、読んでてしんどかった部分もあり。

しかし、周囲の人々の精神状態まで体臭の微妙な変化とかで分かってしまうって、イヤだろうなあ。周囲も当人も。

カニスの血を嗣ぐ (講談社ノベルス)
カニスの血を嗣ぐ
〔1999年〕
あ行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921566
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。