本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
殊能将之『ハサミ男』(講談社ノベルス)
いやー、もう、久々に「かっこいい」小説を読んだってかんじ。

女子高生を殺害して喉にハサミを突き立てるという残虐な仕打ちから、「ハサミ男」と呼ばれるようになった、連続殺人犯。このハサミ男が次のターゲットと定めた少女が、何者かに殺されてしまう。それも、ハサミ男の手口をそっくり真似したやりかたで。計らずも死体の第一発見者となってしまったハサミ男は、真犯人を捜し始めるのだが。

奇妙にゆがんだユーモア、醒めた視線、飄々とした語り口、どこをとっても、ツボっす。書き方がうまいなあってかんじ。読み始めからなんか、いい意味で「これなら最後まで安心」というかんじで、そしてその期待は裏切られることはありませんでした。いい意味で。

ハサミ男 (講談社文庫)
ハサミ男 (講談社文庫)
〔文庫版2002年/親本1999年〕
さ行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/921536
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。