本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
中野翠『ウテナさん、祝電です』(新潮文庫)
中野翠の書くものは、結構好き。世の中を騒がす事件とか、TVのくだらないゴシップ、好きな映画…なんかを軸に、彼女は実は自分を語る。そこから見えてくる中野翠って、なんかいい人だなあと思って、好きなのね。その、いい人である自分をどっかで恥じてるかんじが、特に好き。

そういう彼女の、現在のスタイルを確立する前の、昔のエッセイ。なんか、一生懸命書いているってかんじ。決して嘘にならないように。でもやっぱり、この頃からいい人だったんだなあ、と思う。

ウテナさん祝電です
ウテナさん祝電です
〔1990/1984〕
な行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/66723
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。