本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
坂東眞砂子『蛇鏡』(文春文庫)
もしかして私は、「ホラーに対する感受性」というものがちょっと鈍いのではないか、とたまに思う。世間で恐怖小説と言われているものを読んで怖いと感じることがあまりないのだ。今まで読んだなかで「な、何度読んでもこれは怖い(しかも美しい)ぞ……」と本気で思うのは、泉鏡花の短編「眉かくしの霊」くらいのもんである(しかしこれ、他の人が読んでも怖いのか?)。

なんというかね。“種明かし”がなされた時点で「なあんだ、そうだったのかー」と納得してしまうことが多いんだよね。たとえそれが“実はこれら一連の超常現象は祖先の霊の呪いだったのだ! じゃじゃーん!”みたいな種明かしでも、とりあえず理由が分かればそれで安心しちゃうのだ。(あ、今のたとえはこの本のストーリーとは無関係です、念のため。)それでこの本を読んでも、最後に解説(三橋暁)を見るまで私はこれが「ホラー」の要素を持っているということをほとんど意識してなかったです。

ただ都会から田舎の町に帰省した主人公が感じる、誰もが他人を伺っていてその視線が絡み合うことで生まれる濃密な空気とか、そういう雰囲気は身につまされた。私の場合は、主人公と違って自分が馴染んでいると思ったことは一度もないんだけど、こういう空気は怖いと思う。現実に。

婚約者を連れて奈良に帰省したヒロイン玲は、実家の蔵で蛇の浮き彫りのある鏡を見つけなぜか心惹かれる。同じ頃、近くで鏡の浮き彫りと同じような形の遺跡が発掘され、地元の神社では不吉な兆しが現れる。そして玲は、結婚を目前に自殺した姉に思いを馳せたり、昔好きだった男の人に再会したりするうちに、徐々に心のなかの“揺れ”を自覚していく。

自分でない人間の心の中なんて、決して本当に分かりはしない。たとえそれが婚約者でも。私があの人を好きだと思うほどに、あの人は私のことが好きだろうか。いつも追いかけるのは私。彼は私を追いかけない。人の心は移ろいやすい。「永遠」、「絶対」というものが、どこかにあればいいのに。そんな主人公の心の隙に、蛇文様の鏡はするりと入り込み、揺れを増幅させていく。

そういう「恋愛小説」的な要素に焦点を当てながら読んでいくと。男が“永遠に”という言葉を意識するこのラストシーンは、限りなくシニカルだ。怖いほどに。

蛇鏡
蛇鏡
〔文庫1997/親本1994〕
は行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/530987
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。