本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
綾辻行人『セッション〜綾辻行人対談集〜』(集英社)
かなり豪華な顔触れの対談集です。綾辻行人vs宮部みゆき・楳図かずお・養老孟司・大槻ケンヂ・京極夏彦・北村薫・山口雅也・瀬名秀明・篠田節子・法月綸太郎・竹本健治。

読んでて思ったのは、綾辻さんって本当にミステリとかホラーとかを好きなんだろうなあ、ということ。月並みな言い方だけど。その彼が、同じような世界に身を置く人々相手に、それぞれの〈ミステリ〉や〈ホラー〉に対するスタンスを、引き出していく。

個人的に一番面白かったのは、山口雅也氏との対談(ま、要するに私が山口雅也ファンだからってことなのかも知れないけど)。この中で山口さんが「本格ミステリのはずせない条件」、それを受けた綾辻さんが「究極の本格」という話をしていて……かっこいいよなあと思ってしまったのでした。

あ、そうそう、巻末特別付録の袋とじ漫画「それゆけあやつじくん」(西原理恵子)もお忘れなく。大変にありがたい漫画だから必見よ。

セッション―綾辻行人対談集
セッション―綾辻行人対談集
〔文庫1999/単行本1996〕
あ行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/193847
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。