本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
倉知淳『星降り山荘の殺人』(講談社ノベルス)
上司を殴って左遷され、“スターウォッチャー”なる奇妙な職業の男の付き人をやる羽目になってしまった主人公。お供でついていった山荘には、UFO研究家や売れっ子作家など、やはりアクの強い人々が。そして起こる殺人。折しも山荘は降りしきる雪に閉ざされて……。

久々に、非常にオーソドックスな推理物を読んじゃったなあ、という感じです。「意外な結末」まで全て含めて、推理物のお約束に忠実っていうか。最近は“逸脱した”ミステリが多いから、なんだかすごく優等生っぽい印象を受けます。

欲を言えば「優等生」過ぎて、印象はちょっと薄くなりがちかもだけど、純粋にパズラーとして読む分には、それもいいかな、と。

星降り山荘の殺人
星降り山荘の殺人
〔文庫1999/新書1996〕
か行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/183208
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。