本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
今野敏『蓬莱』(講談社ノベルス)
「作られるべきではなかった」シミュレーション・ゲーム“蓬莱”に隠された秘密とは。スーパーファミコン版の発売を前に、それを阻止しようとする怪しげな男たちが現れ、プログラマが死ぬ。その背後には大物の政治家が……。謎を解く鍵は、古代史に?

うーん。なかなか、スケールの大きい話ではありませんか。私はゲームはあんまりやらない人なんですけど、この小説は楽しめました。

で、“蓬莱”みたいなゲームなら、やってみたいかな……と一瞬思ったけど、ものすごく時間食いそうでハマると怖いのでやっぱパスです。ははは。

蓬莱
蓬莱
〔文庫1997/新書1996/単行本1994〕
か行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/183198
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。