本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
川本武『本棚が見たい!』(ダイヤモンド社)
ひとの家に行って、つい本棚をまじまじとチェックしてしまうのは、私だけではあるまい。本棚って、人間がでるよね。私は、自分の本棚を見るのも好きである。心が乱れた時など、自分の馴染んだ本が並んでいるさまをじっと見ていると、乱れた心に静けさが戻ってくる。たかが本棚。されど本棚。

と、いうわけでこういう企画がまかり通るのも、世の中には私のような人が沢山いるからに違いない。要するに、いろんな人の本棚を覗いて、その話を聴く…というのを延々とやっているだけなんだけど、人それぞれで面白いです。それぞれが、それぞれのスタンスで「本」と向かい合っている様子がかいま見えるのが。

個人的には、日本冒険小説協会会長・内藤陳の本棚(……と言っていいのかなあ。棚に入ってない本の方が多いみたいだけど)の写真が一見の価値ありだと思います。村松友視(正しい漢字が出ない…)の本棚もなかなかいい雰囲気ですね。

ちなみに、本書で本棚を覗かれている人たち(登場順、敬称略)は、筒井康隆・内藤陳・山田風太郎・荒俣宏・高村薫・村松友視・吉村昭・高橋克彦・畑正憲・和田勉・阿刀田高・ジェームス三木・阿部譲二・山田太一・細川護煕・上之郷利昭・竹中労・日下公人・吉村作治・市川森一・夏目房之介・紀田順一郎・堀田力・秋元康の計24人でした。

本棚が見たい!
本棚が見たい!
〔1996〕
か行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://archive.mushi.pepper.jp/trackback/114913
前の本 | main | 次の本
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。