本の虫

虫干し読書録

こ ん な 本 を 読 ん で い た 。
著者名インデックス(や行)
【や】


【ゆ】


【よ】
や行(作者名) | permalink | - | - | pookmark |
吉永みち子『性同一性障害〜性転換の朝(あした)〜』(集英社新書)
この本を読む前の段階での私の認識を説明しておくと、ごく最近になって、性同一性障害が胎児の頃の脳および身体の発達段階で齟齬が生じたことによる先天的なものだと考えられていることを知ったばかり。

それからあれこれと考えて、なるほど脳が自覚している性別を捻じ曲げるよりは(それって洗脳)、社会的、外見的、そして場合によっては肉体そのものの性別を脳味噌に合わせてしまうほうが、合理的っちゃ合理的だなあ、と考えるようになった。生まれるときに間違った器に入っちゃっただけの、本質的には普通の女の人/男の人なんだなあ、と。

とりあえず当面の目標としては、そういう人たちに対して「無知から来る無神経」に相当するような発言をせずにすむようになりたい。結局は当事者でないので、どこまで理解できるか、自信ないけど。むしろ、「分かるよ」などと安易に言ってしまうほうが危険かつ無礼なんじゃないかとも思う。ただ、分からないからと言って、不必要に傷つける側には回りたくないな、最低限のことは押さえておきたいな、というかんじで、そのための入門書としてどうかな、と読んでみたのがこの本。

読んでまず認識を新たにしたのは、性同一性障害の中でも「医療行為」としてのいわゆる性転換を希望する人たちが苦にしている「性別」は、ジェンダー(社会的性別)とは必ずしも関係がないらしい、ということだ。

私はずっと、こういうのって、もし今の社会が男だからしっかりしろとか女だからおとなしくしろとか言われない社会、男がフリルひらひらのお洋服を着ても「男のクセに」とか言われず、女がガサツな行動を取っていても「女のくせに」などと言われない社会だったら、あんまり問題は生じないのかなあ、と漠然と思っていたのだけれど、どうやらそういう単純な問題ではないらしい。もちろん、それで生きやすくなる面はあるだろうけど。

たとえ無人島に漂着して、自分を男/女として扱う他者が周囲に一人もいなくても、それでも自分が女/男であることに苦しんでしまう人たち。「社会的・外見的には希望する性別だけど洋服の下の肉体は生まれたときのまま」と「社会的・外見的には戸籍上の性別としてしか扱ってもらえないけど、他人に見えない部分で肉体には変更が加えられている」の二者択一を迫られたとすれば、精神の安定のためには後者を選んでしまう人たち。そういう人たちが、確実に存在するのだ。これはかなり、衝撃的だった。

その一方で、社会的に希望の性別で認められれば、身体にメスを入れようとは思わない人もいたり、そもそも自己認識上では性別がはっきりしない人もいたり、ものすごく様々な人たちがいて。そういった人たちみんなが生きていきやすい社会って、もしかして、一応脳と身体の性別が一致している、私たちのような人間にとっても、生きていきやすい社会なんじゃないかなあ、ということを改めて考える。つまり、男とか女とかじゃなく、第一に「わたし」として存在することが許される社会。どう考えてもそういうふうにはなっていない現在、せめて私自身は、相手が男だからでも女だからでもなくて「その人」だから好き、と言い切れる人間でありたい。

んーと、いろんなことを一気に考えすぎて、まとまらん。

性同一性障害―性転換の朝(あした) (集英社新書)
性同一性障害―性転換の朝(あした)
〔2000年〕
や行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矢崎存美『刑事ぶたぶた』(廣済堂出版)
ってわけで、『ぶたぶた』の続編である。前作では様々な職業に挑戦していたぶたぶただが、本作では一貫して刑事をやっている。なにが嬉しいって、前作のぶたぶたが「ぬいぐるみである以外は普通の職業人」として人間と変わらない仕事ぶりを発揮していた(それはそれでいい味出してるんですがね)のに対して、今回のぶたぶたは、自分の「ぬいぐるみである」という特性を目一杯、自分の仕事に活かしているってことだな。いや、初っ端からびっくりの大活躍ですぜ。それがまた、おかしいんだ。なるほど天職ですな。

ぬいぐるみ売り場での囮捜査のために、部下に洗濯してもらうくだりの詳細な描写など、抱腹絶倒モノっす。

そしてやっぱり、ほんわかしみじみの読後感。

刑事ぶたぶた (徳間デュアル文庫)
〔文庫2001年/親本2000年〕
や行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矢崎存美『ぶたぶた』(廣済堂出版)
思えばこの本が出たばかりの頃、私は一度、これをお店で手に取っているのです。ただし、そのお店は、本屋さんではありませんでした。ファンシーな小物が並んだ雑貨屋さんで、この本は、表紙の写真に写っているのと同型のぶたのぬいぐるみと一緒に置かれていたのです。

あーあ、買っときゃよかったわ。セットで。しばらくしてから同じ店に行くと、すでにその「ぶたぶたコーナー」はなくなってしまっており、以後いかなるお店でも、私は“ぶたぶた”を見かけたことがないのでした。結局、廣済堂が出版事業から撤退したというニュースを知って、慌てて通販で買うことになってしまうとは。

ドッヂボールくらいの大きさの、ピンク色したぶたのぬいぐるみ、山崎ぶたぶた。あるときはベビー・シッター、あるときはタクシーの運転手、あるときはフレンチ・レストランの名シェフ……さまざまな職業でぶたぶたが活躍(?)する連作短編集。どのお話でも、ぶたぶたの存在は、各作品の主人公以外の人間たちにはごくごく当たり前のことと受け止められている。主人公だけが、度肝を抜かれ、戸惑い、そして徐々に、ぶたぶたの存在を受け入れていく。その様が、時におかしく、ときにしみじみしてしまう。

ぶたぶた自身は、どの職業についても、何故かかなり有能なベテランぶりを発揮しているのだが生まれつきの特性ゆえのハンディキャップ(体が小さいために運転している車が幽霊タクシーに見えてしまうとか、軽いために会社からの帰り道にカラスに攫われてしまうとか、腕がもげやすいので携帯裁縫セット必須とか)も背負っているし、精神的に超越しているわけでもない。ぬいぐるみであるという一点を除いては、普通の感覚を持った常識人(?)だ。でも彼に接した人々は、彼の存在によって、少しだけ救われる。それは彼が、とても大人で誠実だから。

そう、本書の勝因はなんといっても、このぶたぶたが見た目は超キュートなぽわぽわピンクのぬいぐるみなのに、中身がしっかり気のいい「おじさん」だということでしょうね。それと、それぞれのエピソードが、リンクしそうで微妙にリンクせず、ぶたぶたという存在の謎も解けそうで解けない、物語全体の浮遊感。

さあ、続編読むぞっ。

ぶたぶた (徳間デュアル文庫)
〔文庫2001年/親本1998年〕
や行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
柳瀬尚紀『翻訳はいかにすべきか』(岩波新書)
タイトル通り、翻訳論の本。実例豊富。

柳瀬さんの翻訳は、なんかこう、「力技」といった感があります。好悪とは関係なく、その凄さは誰もが見とめることでありましょう。

ただ、作品を選ぶ翻訳者かもしれない。たとえば、本書のなかで例に挙がっているジェイムス・ジョイスなんて、文学音痴の私にとっては、「登場キャラクタが人間なのか犬なのかが専門家の間でも意見が分かれてしまうような小説の、一体どこがそんなに偉いんだろうか。しくしく」と、泣いてしまうような存在です。いや、マジで識者の解説求む。ところが、そんなアクの強い小説だからこそ、多分この人の芸は最大限に活きる。

翻訳は実践であり、細部の積み重ねであり、翻訳者冥利につきるとはどのようなことであり……読んでいくと、柳瀬さんの志の高さがよく分かる。読んでるこちらが、目を回してしまうほど、高いのだ。

「対象が価値あるものだと信じるからこそ翻訳する」のが文芸系翻訳者のプライドで、「対象に価値があろうとなかろうと自分は翻訳者だから翻訳する」のが実務系翻訳者のプライド?……というようなことを、本書を読んでいるときに突然思い付いた。

で、ここからは、蛇足。

「翻訳は原文を読めない人のためのもの」という柳瀬さんの主張とは裏腹に、この人の訳した文章は、原文との対比があって初めてその凄さが活きるものであるような気がして、実はここ数年、そこにずっと引っかかりを覚えているのだ。この人の訳文の強烈な「アク」は、原文との対比で考えないと納得できないものが多い。また一方で、原文との対比で考えさえすれば、たしかに他の追随を許さない超高度な技術で翻訳されていることが理解できる。

さらに言えば、あまりにも全てを日本語の枠内で考え抜いてあるために、原文がまったく消えてしまっていて、原文と自分の間に、柳瀬尚紀というフィルターを引かれてしまっている感がことさらに強い。それが時に、むしろ読んでいてストレスを生む。

で、個人的にはジェイムズ・ジョイスでも、柳瀬訳とは別に「原文の深い意味(っていうか、造語とか言葉遊びとか)を汲み取りそこねてはいるけれど口当たりのよい訳文を詳細な読みの深い訳注によって補完する」という方式で作られた良質の訳本があれば、まずそちらを読みたいな、と思ってしまうのだ。どうやら、そんな訳本はないらしいというのが、問題なんだけどさ。

えーと、その、だから。ミもフタもない言い方をしてしまうと。その辺のおじさんが駄洒落を言えば寒いオヤジギャグで、柳瀬尚紀が言えばエスプリなのだろうか、という……むにゃむにゃ(結局歯切れ悪いな)。この駄洒落を盛り込むくらいなら、淡々と訳して注でもつけてくれ、というのが、正直な気持ちだったり。あ、これって地雷? でも、原文を日本語に移す際にその駄洒落を捻り出せるということ自体は、アクロバット並みにものすごいことではあるので……翻訳者としての志の高さも群を抜いてることは理解できるので……うーん、むにゃむにゃ(はっきりせんかいっ)。

翻訳はいかにすべきか (岩波新書 新赤版 (652))
翻訳はいかにすべきか
〔2000年〕
や行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山口雅也『キッド・ピストルズの慢心』(講談社ノベルス)
探偵士が警察よりも権限を持つパラレル英国でパンク刑事キッドと相棒ピンクが、マザーグースにちなんだ事件に遭遇するシリーズ第……何作目だっけ?(いーかげんで、すまんね。)

キッド自身が語り手となる物語で始まり、ピンク自身が語り手となる物語で終わる異例の構成。二人の生い立ちの一端が明らかになったり、「えっ、もしかしてピンクって、あの作品のあのコ……?」と思わせる記述があったりで楽しい1冊。

このシリーズ、洒落っ気があってヒネりが聞いてて、でも根っこのところではなんかあったかくて、大好きさ。

キッド・ピストルズの慢心 (講談社文庫)
キッド・ピストルズの慢心 (講談社文庫)
〔文庫版2000年/ノベルス版1999年/親本1995年〕
や行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
米原万里『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』(新潮文庫)
すごいタイトルだけど、これはロシア語通訳のベテランである著者が様々なエピソードを交えつつ仕事についての思いを綴った本。「不実な美女」というのは、原文からは乖離してるけど整った美しい文章として聞こえてくる訳。「貞淑な醜女」というのは、意味的には原文に忠実だけど、なんかぎこちない変な文章になっちゃってる訳。そりゃあ「貞淑な美女」が一番いいに決まっているけど、様々なジャンルに渡ってその場その場での瞬間的な対応が求められる同時通訳の世界では特に、この2つの間で究極の選択を迫られることがしばしばだと言う。

どちらが良いかはケース・バイ・ケースで、例えばパーティの席なんかでは、無理に正確さにこだわるよりも流暢に訳して雰囲気を壊さない「不実な美女」のほうが好ましいってわけ。

この本では「通訳」と「翻訳」の違い、なんてことにも言及しており、それによると通訳の(翻訳に比べての)不利な点は、まず音声で伝えるものであるため、発音や同音異義語などのせいで誤解を招くことが往々にしてあるということ。それから、インプットとアウトプットの間に時間的余裕が許されないこと。聞き返せない、あとに戻れない、分からない単語が出てきても調べに行けない、咄嗟にいい訳が思い浮かばなくてもそれなりの訳で我慢するしかない。

対して有利な点は、翻訳ほど完璧さを要求されないこと、不満足な結果に終わってもそれが後々まで記録として残らないこと、たとえ訳が完全にこなせなくても契約時間が終了した時点でその仕事は終わりになること、だとか。

そして胃が痛くなるような緊張感の連続でも、著者は「通訳やってて良かった!」と言い切ってしまうのだ。その理由が、これ一冊読むと良く分かる。もう、琴線に触れまくりのフレーズが山のようにあるの。

とにかくこれ読んでる間中、「ふーん、通訳の世界ってそうなのかあ」と感心するやら、「うんうん、そうなんだよー!」と足をバタバタさせるやら、「私もこんなふうになれたら恰好いいよなあ、がんばらねばっ」といきなり決意するやらで、忙しい忙しい。

そうそう、知識があるはずの理系の人がなかなか技術系の通訳・翻訳をやろうとしないのに文系のシロートが平気でそういう仕事をやれてしまうのは何故か……なんて話も。きゃはははっ。これ、すっごい当たってるような気が〜(笑)。

とにかく、「コミュニケーションのプロ」であるとはどういうことか、というのをものすごーく考えさせられた。

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)
不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か
〔文庫1998年/親本1994年,徳間書店〕
や行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山田詠美『24・7(トウェンティフォー・セブン)』(幻冬舎文庫)
9編の短い恋愛小説。この人の文章が私は時々、すごく好き。時々、コトバの中身なんてどうでもいいんじゃないかと思ってしまうくらい、好き。単語の選び方、リズムの刻み方。この人の文章だけは、絶対に速読しない。頭の中で、音声に置き換えながら、ゆっくりと読んでいく。

話としては、この中で一番好きなのは「前夜祭」かな。お嫁入りする前の晩に、男友達を6人呼んでパーティをしてしまう女の人が出てくる。この男友達はみんな「何もかも知ってるんだぜい、というような親友のようになってしまった男たちばかりなのだ」。

そーゆーのって、ちょっと憧れるんだよね。なんてこと言うと顰蹙買うかな(誰に?)。でも、決して恋愛関係にならない男のお友達って、いいなあ、貴重だよなあ、ほんとにそれで友人関係をずっと維持できたら最高だよなあ、と思ってしまうのだ。う〜ん、お互い自分のことでバタバタしてるうちに、ちょっと疎遠になりかけてる男の子が複数いるなあ。このまま、みんなそれぞれ違う道に進んで違う世界に行ってしまうのであろうか。みんな元気? もしよければ、また遊ぼーよ? それどころじゃなさそーな人もいるけどさ(ここも読んでないよな)。

24・7
24・7
〔文庫版1997/単行本1992〕
や行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山口雅也『續・日本殺人事件』(角川書店)
日本であって日本でない、不思議なニッポンを舞台に繰り広げられるジャパネスク(?)・ミステリ。

一応、設定を説明しておく。山口雅也が発見した、Samuel X(仮名)という米国人作家の“Japan Murder Case”という作品の翻訳が、前作『日本殺人事件』である。それは、日本に足を踏み入れたことのない著者が怪しげな資料と想像力で作り上げたもので、現実の日本とはあまりにかけ離れた世界を描いていた。主人公は、本名Samに「茶夢」という漢字をあて、愛する亡き継母“カズミ・カアサン”の姓「東京」を名乗る“東京茶夢”氏。カアサンの故郷カンノン・シティで探偵業を営む。今回の続編は、米国でも出版されていない2編の物語の翻訳許可を、山口氏が熱心な説得によってSamuel X氏から得たものである。

1編目「巨人の国のガリヴァー」は神事相撲(って、何? と言う感じだったんだよね、正直言って。だからどこからどこまでが嘘、なのかが良く分かってない。とほほ)の世界が舞台。死者を迎えるための墓場での盆踊り、死んだ力士の死霊を何とかしてほしいという依頼、オートバイに乗った福助とのカーチェイス……なんだか結構、はちゃめちゃな展開。謎解きはきれいに着地したかな。私の思う「山口雅也作品」の路線から外れてない。

ところが、2編目「実在の船」。テーマは、禅。京極夏彦に捧げられた作品。うーんと、ね。面白いの。難解だけど(私、アタマ悪いもん。禅って考えれば考えるほど、分からない。そもそも考えちゃいけないのかもしれないが)。私、こういう作品、すごく好きだよ。ただ、山口雅也がこれをやってくれたのがあまりにも意外、というか。肩透かしをくらった、というか。ぼーぜんとしちゃった、というか。

私が最初に山口雅也って凄い! と思ったのは何と言っても『生ける屍の死』に出会ったときで(それ以前にもキッド・ピストルズとか読んでたんだけど)、それ以降、私にとってこの人は常に、たとえどんなに奇妙でファンタスティックな世界を描いても、絶対にその世界のなかでは完全に整合性のある、その世界独自の論理体系を構築してアクロバティックな謎解きにウルトラCの着地を決めてくれる人、だった。たとえ作品世界が限りなくヘンでも“ミステリ”そのものに関しては非常にオーソドックスな姿勢を貫いている、ところが好きだった。

けど、これって、そういう作品じゃないのだ。本の帯に「論理を捨てる」って書いてあるけど、つまりはそういうこと。悪くないの。ただ、読者である私の頭が、ついて行ってないだけ。一体、何を目指しているのか、山口雅也。うーむ。

しかしこれからも目は離せないぞ、と思ってしまう私はやっぱりファンなのだった。

続・日本殺人事件
続・日本殺人事件
〔文庫2000/単行本1997〕
や行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矢崎葉子『カイシャ、好きですか?』(講談社文庫)
おおっ、久々に“OL本”を読んでしまった(笑)。だって序文によるとこれって「人生の岐路に立たされた働く女性たちの十の物語」で、私ってば今、しっかり人生の岐路に立たされた働く女(もうすぐ働かない女?)なんだもんね。へっへっへ(自分で書いてて虚しい……)。

まあそれはともかくとして。退職願を机の引き出しに入れたまま働く25歳、自分名義のマンションを手に入れた27歳、留学に走った29歳、体調崩しつつもなんとか乗り切った(ううう)31歳、キムタクにハマった32歳……。ああ、みんな、色々あるよね。
おんなじようなことで、迷ったり、悩んだり、するんだよね。でも、諦めちゃいけないよね。何とかなるさ。みんな、何とかなってるもの。

笑いたければ、笑えばいいさ。こういう本も、たまには必要なのです。

カイシャ、好きですか?
カイシャ、好きですか?
〔1996〕
や行(作者名) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
+ about this blog
 かつて存在した「本の虫茶房」というサイトの1996年から2000年の読書メモと、現行サイト「虫の居所」の2002年までの読書メモを再掲載しています。
 現在では捉え方が変わった本もありますが、感想文は誤字の修正など以外ではほぼ当時のまま。
 今後の実質的な更新はありませんが、コメント、トラックバックは受け付けています。